岐阜県羽島市の土地って、どんなところ?

岐阜県の南部にあって愛知県の県境にある市で、木曽川と長良川にはさまれている地域といったら、羽島市です。

羽島市は、岐阜県では唯一となる新幹線の駅がある市で有名ですね。

また名神高速道路のインターチェンジもあるので、岐阜県の中でも県庁所在地ではないものの、交通の主要な要となっている地域となっています。

新幹線もあって、高速道路のインターチェンジも唯一ある市ですから、当然、岐阜県内の他の地域よりも人口も多く、岐阜県の中でも大きな意味を持つ市です。

また愛知県と隣接しているということもあって、名古屋市に勤務する人たちのベッドタウンともなっています。

岐阜県は、もともと人口が県庁所在地の岐阜市に偏って多くなっている傾向があるのですが、羽島市は岐阜市と隣接しているということもあり、県内でも数少ない人口が増加している地域です。

そのため、羽島の土地の価格は他の地域よりも高く、特に新幹線の停車駅である岐阜羽島駅周辺の土地価格は、岐阜県内でもトップクラスの一等地となっています。

もともとは農業や養蚕などが主要な産業だったので、広い土地を確保することができ、その結果今はそれらの土地に大きなショッピングモールやスーパーができたりするようになりました。

そのため、人口の流入がより活発になってきたという側面もあります。

これから羽島市に移住する予定の方は、羽島市はこれからしばらくは土地の上昇が見込める可能性が高いので、出来るなら土地を購入した方がお勧めです。